不動産活用で豊かな生活|住宅ローンで贅沢ホームをゲット

土地売却のテクニック

派手な部屋

土地売却について現在行われているサービス

通常、土地や建物などの不動産を売却するときは、不動産会社に仲介を依頼することとなります。しかし、不動産の査定額は不動産会社によって差があります。したがって、建物や土地売却にあたっては複数の不動産会社に査定を依頼することが重要です。ほとんどの不動産会社は無料で査定を行ってくれますが、現在ではインターネット上で、サイトに登録された複数の不動産会社に一括で無料査定を依頼できるサービスがありますので、土地売却をお考えの場合は利用されてみてはいかがでしょうか。現地にて実際に査定を依頼するときは査定額だけでなく、査定額だけに注目するのではなく、信頼できる担当者のいる不動産会社を選ぶことが大切です。当該地域についての不動産知識を有することに加え、分かりやすい説明やこまめな連絡をしてくれる担当者が望ましいでしょう。

土地を売却する時に必要な手続きや費用は

土地売却契約が成立した場合は、仲介を依頼した不動産会社に支払う仲介手数料以外にも所得税や住民税などの税金がかかります。土地売却により得られる売却益は譲渡所得とされ、不動産の所有期間が5年以下である場合と5年を超える場合とで、かかる税率が違いますので注意が必要です。また、売却後の手続きとして、売却した翌年の定められた期限内に確定申告をする必要があります。不動産の売却益は他の所得と分離して計算されますが、確定申告は他の所得と合わせて行います。土地売却により損失が出た場合には確定申告は不要ですが、場合によっては他の所得と損益通算できることもありますので、いずれの場合にも確定申告はしておいた方が良いでしょう。